FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

「タバネラ」が必要になった

 20100716_002.jpg 20100716_008.jpg

ナンキンの黄色い花、カンピョウの白い花。コントラストがきれい。

集落ではすでに2軒しかカンピョウを作っていない。50年ほど前は、夏休み頃にはどこの家の門先にも、太い丸太(稲のはざかけ用の丸太)にカンピョウを干していた。それはまさしく、当時の田舎の風物詩だった。

干したカンピョウは缶などにしまわれ、お寿司や巻きずしを作る時に使った。一昔前の我が家では、地域の祭りや、田植え後の「しろみて」、誕生日や遠足などの時に、しばしばお寿司や巻きずしを作ってくれた。
  


20100716_046.jpg

芋づるは、袋に入れずに、野菜の結束バンドでとめただけの状態で出荷することにした。

茎を半分に切ったり、葉の部分だけを切って袋詰めするのは、何かおかしいと1~2日考えていたら、画像のようにするのがいいと思いついた。

近辺の直売所で芋づる(葉と葉柄)が出荷されているのを見たことがあったら真似をしているが、芋づるが出荷されているのをまだ見たことがない。


 20100716_027.jpg

芋づるに結束バンドを使うために、画像の「たばねら」という器具も購入せざるをえなかった。5480円。

今後、使うことがあるかなあと想像したら、ダイコン、キャベツ、ハクサイ等にはこの結束バンドが使われていることが多いので、今後も必要になると思い購入することにした。

すでに、バッグシーラー、電熱シーラーを購入しているので、結束する器具としてはまさに3種類目。3種類の合計ですでに3万円ほどになっている。

農業には、こんな細かい出費がいろいろと出てくる。だから大きな投資は決してしてはならない。大きな投資をすればするほど、それに付属するように小さな出費が雪だるま式に増えてしまう。

すでに2種類の結束器具を購入しているし、この「タバネラ」の購入に躊躇していたら、直売所仲間に「持っていることが常識」と言われた。

「タバネラ」の費用くらいは、芋づるで稼がなくては。

芋づる(葉と葉柄)は20本で単価120円に設定し直した。

これ以上は単価は上げれず、これ以上は単価を下げれない、自分にとってはぎりぎりの価格設定である。他の作物の価格設定も、自分にとっての「ぎりぎりの価格」をつけている。つまり、これ以上下げたら「ボランティア価格」になってしまう瀬戸際の価格である。

芋づるの出荷に関しては、
(1)まず、芋づるを適宜収穫する。
(2)手早く、芋づるから葉柄をはずす。
(3)葉柄の数を数えながら20本を束にする。
以上の3工程が必要になる。
 
出荷して売れるかどうかはまた別問題。

芋づるに関してメールをくれた方が、戦前生まれの人は食べた経験があるかもしれないが、今の人は食べ方を誰も知らないだろうと言われる。そして、葉柄は「皮をむいてから料理に使う」と指摘してくださった。

皮をむかなければ使えないなら、そんな手間な野菜は売れないだろうと考えたが、とにかく、言われたとおりに皮をむいてみることにした。

何と面白いほどするするとむけた。皮むきは「意外と楽しめるかも」と思った。

ただ、よく売れても1店舗で3~4束だろう。これを見越して出荷する必要がある。

 

20100716_052.jpg

ひんまがったエンサイ。収穫後、時間の経過とともにエンサイの茎は曲がってしまう。これもスーパー等で売られない(市場性がない)原因の一つである。

見てくれは悪くても、鮮度がいいから曲がるということもわかってくれているようで、ホームセンターでエンサイはよく売れる。 


 20100716_018.jpg  

ツルムラサキにシールを貼った。あまり鮮明に映らなかったが、わかりますか。1枚が2円するので全部に貼ったわけではない。3割ほどに貼った。今後は2~3日間隔で貼っていこうかと考えている。

シールは最初、直径3センチを考えていたが、商談の場にたまたま友人がいて、そんなにちまちませずに、作るのなら目立つように直径5センチにした方がよい、値段もそんなに違わないのだからと助言してくれた。 


 
20100716_032.jpg  

画像の左が欧風ハーブの「スイートバジル」で、右が和風ハーブの「青シソ」。150幅の畝に2条植え、長さは16メートルほどで、同じ面積(量)を作っている。



20100716_012.jpg

農業の七つ道具ならぬ4つ道具。左から、収穫ハサミ、鎌、ハサミ、ノコギリ。

ハサミとノコギリはあまり使うことはなかったが、回収した売れ残りの袋を切る時に、ノコはヤギに木を切って与える時に、しばしば使うようになった。













このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ