あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

遺骨の帰還

加賀田一さん「いつの日にか帰らん」P39~P42抜粋


 故郷と縁を切らざるを得なかった人たちは、亡くなっても田舎に帰ることができませんでした。そこで国も一応補助することになり、入園者も補償金の一部を出して園内に納骨堂を造り、遺骨をそこに納めることになりました。愛生園は3496柱(2009年11月10日現在)、保育児童13柱、光田園長以下職員87柱、全国では26000柱を越えています。

 片山知事が、「県は何をしたらいいですか」と言われたので、私は「歳をとって、古い年寄りみたいな話をしますけど」と断った上で、次のように話しました。

 ━━強制収容された後、里帰りという制度ができてからも一度も郷里に帰らず、しかし望郷の念にかられながらここで亡くなった方たちがたくさんいます。少し違うかもしれませんが、赤紙一枚で戦争に召集されて、「天皇陛下、万歳!」と言って死なれた兵士の遺骨は、家族も一般国民も「遺骨を探してあげてください」と言って慰霊がなされています。ハンセン病者は県民の保健衛生を理由に強制収容され、家族との絆も断たれ、病気が治っているにもかかわらず、遺骨の引取り手もいません。

 愛生園の納骨堂には鳥取県民で引き取られていない遺骨が135柱あります。裁判によって隔離政策が断罪されたのですから、偽名のまま、本名かどうかわからずに納骨堂に眠っている遺骨を、人間回復の証として、家族に引き取ってもらえるようにしてほしい。

 長島愛生園の納骨堂だけでなく、全国の療養所にある納骨堂の遺骨を引き取る運動を鳥取県が率先してやってください。県には強制収容した人の極秘名簿があります。小さな県ですから遺族の方へもすぐに連絡が取れます。長島愛生園の現状からも厚生労働省の統計でも、2035年くらいには入所者も亡くなり、ハンセン病を患った人は一人もいなくなります。そのときあの納骨堂はどうなるのか、これは人道問題です。遺骨になっても、郷里やら遺族の元に帰れないというような不条理があってはならないでしょう。この遺骨帰還をやってください━━

 このように頼むと、知事は「わかりました」と言ってくださいました。

 県で早速資料を調べたところ、県内からは205人くらい強制収容されていました。湯梨浜町議事堂に全39市町村長を招集、遺骨の帰還を発議して、県の健康対策課が担当することになり、その担当職員は早速家族に連絡しました。


 すると、遺族から「今さら何を言うか」と怒鳴られたといいます。職員が「ちょっとお話だけでも聞いてください。遺骨を引き取っていただく運動が始まっておりますので」と言っても、「また私らを苦しめるのか。今さらそんなもの、何になるんだ!」と叱られたようです。

 それから8年経ちましたが、いまだ引取り手は一人もいません。

 この未曽有の人権侵害については、政府もマスコミも隠してきました。特にマスコミは戦争中の大本営発表といっしょでした。隠蔽を図ろうとする政府の言うことをそのまま発表することで、風化に手を貸していたのです。戦後、日本政府のハンセン病対策は誤っていると国際的に批判されていましたが、この事実について国民は知らされませんでした。結局メディアは戦争中といっしょでした。

 そういう世間に囲まれて、遺族の人たちも気の毒な目に遭ってきたわけです。40年も50年も経って、「今さら何を言うか」というのも分からないことではありません。愛生園の福祉課に来て、極秘のうちに連れて帰った人が一人いるとかいないとかという話もありますが、公表できる形で確実に帰ったという記録は残っていません。帰還できない方のお骨は、無縁仏としてドームの中に隔離されたままとなるのでしょうか。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム