あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  橋本辰夫さん(1)



目を閉じて吾は法華経唱へをり友を焼く火の音をききつつ




手術して共に明るき目となりし顔近近と寄せて笑ひ合ふ




読書会終へて出で来し盲人の杖の小鈴は吾に従ふ




吾が読みし点字古本は焚付にもならぬと云はれほうり出されぬ




マイクもて警察権発動告げてゆく力集めて座りこむ時




陳情の成果も見ずに手のかかる奴と盲ひのわれらを帰す




虹彩切除なりしたまゆら見えたりき百花のバラの押し迫るごと




カーテンを洩るる光のまぶしくて黒き眼鏡をかけて臥すなり




かなしみて散りしく花も見たりしか癒えざりし遠き世の癩者たち




八ヶ年朝日歌壇を点訳し送り下されし君も身障者




2030年 農業の旅→ranking







このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム