あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  中田静月さん



目を病める隣りベッドの友へ来し神父の祈り箸置きて聞く




母と呼ばれし日の無く老いてゆく妻は庭に
鬼灯ほおずき植ゑて育つる




目のうすき吾が蒔きしゆゑ稔り悪き陸稲と思ふ刈らねばならず




闘病の吾らを実習材にして准看生徒育ちてゆきぬ




半盲の吾見む術なき映画なれど題名のビラ近よりてみる




迷ひ居る盲ひの友の手を引きて籾を干しある庭を横切る




目の薄き吾前をゆく白足袋の妻を目当てに墓参す今日は




参観者の視線が吾によるならむ道辺に小さく杖とめて立つ




安らけき療養を望み監房の設置反対署名の印鑑を押す



仲田静月(徳次)さんの略歴
明治43年生まれ。昭和8年多摩全生園入園。「短歌草原」所属。『木がくれの実』(昭和28年)『陸の中の島』(1956年)『輪唱』(昭和34年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム