FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

楽しく収穫、楽しく袋詰め

 20100715_031.jpg 20100715_059.jpg    

放牧場ができていたおかげで、ヤギに手間がかからなくて助かる。

今日は、普通は出さない裏口から外に連れ出した。

画像に見える2頭のヤギの間に「ビオトープ」を作る予定であるが、イノシシが掘り返して「ぬた場」になっている。身体についたダニなどをとるためにイノシシがころげまわって「泥浴び」をしているようだ。

直売所出荷は「売れた、売れていない」という、また違った楽しみがある。

(1)備前市スーパー
(2)備前市ホームセンター
(3)岡山市 民間直売所

の3ヶ所にしぼりつつある。(3)の民間直売所は当日の売上が午後6時にメールで送られてくる。今日はオクラ1単位、エンサイ6単位、ツルムラサキ1単位が売れていた。

この民間直売所に持っていくようになってまだ2回目だが、今後伸びるような気がする。家から片道20~25分ほど。

初回は月曜日に持っていったが、今日は木曜日で3日目にもかかわらず、月曜日からの売れ残りのエンサイもツルムラサキもスイートバジルも、ほとんど傷んでいなかった。

まだ「陳列しておける」と店長さんに言われたが、もちろん、今日持参した野菜とすべて入れ替えた。葉物の場合、夜は冷蔵庫に入れてくれるらしい。

陳列する場所も店長さんが付き添ってくれて、置き場所を言ってくれる。

売れ残っていたハーブティを店長さんにあげたら、常連客にあげると言ってくださった。

エンサイやツルムラサキの売れ残りは捨てずに家で食べている。特にエンサイはしばしばおひたしで食べる。昨日、一昨日と「挿し木」にしたのは、売れ残りのエンサイやツルムラサキが主だった。一晩バケツに入れて「水上げ」してから挿し木にした。 

 

明日は備前市のホームセンターに、エンサイとツルムラサキを8~9単位ほど持って行く予定。家から6~7分だし、できれば毎日持っていこうと思う。

ツルムラサキは、6~8本入りで単価は120円に設定している。ボードン12号袋を使用し、袋は電熱シーラーで閉じている。

明日はブログ名入りのシールを始めて使ってみようと思う。


直売所に「はまっている」という高齢の生産者の気持ちが少しわかりかけてきた。

早朝6時、エンサイとツルムラサキと青シソを楽しく収穫し、楽しく袋詰めして、翌日、売れた数に一喜一憂する。なお、このホームセンターは当日の売上のメール配信はないので、翌日行った時に確認するしかない。

メール配信があれば、翌日どれくらい持っていくべきか判断がつくので、出荷ロスはもっと少なくなるが。

2030年 農業の旅→
ranking
     
     
 




このページのトップへ

コメント

そこに、オイラの蜂蜜が出品されているのをご存知ですか~(^^ゞ

  • 2010/07/16(金) 20:36:53 |
  • URL |
  • スロー人 #qbIq4rIg
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ