あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  長沼春潮さん



こはれたるベッドの藁を咥へつつ雀の飛ぶが見えて吾が臥す




億十万数あるなかの星ひとつにさよならを言ひて眠らむとする




吾よりも一まはり下の看護婦に顔むけて顔を拭かれてゐたり




健康度衰へて来し吾を利用せし人ら一人づつ遠ざかりゆく




角膜移植試験されてゐるこの兎に林檎の半片くれてやりたり




一夏の破れ団扇が部屋人の数だけありて焚つけ箱に入れらる



長沼春潮さんの略歴
多摩全生園。『陸の中の島』(1956年)『輪唱』(昭和34年)



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム