あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  多山良一さん



癩園の吾を秘め兄の家に居る妻如何につくらふ国勢調査に




食足りて早寐する夜夜今の生を余剰の如く思ふ時あり




プロミンの空凾に裁縫用針と糸各各に持つ男子軽症療




月照らす白き舗道に躓きて思ひみじめなりあしなえわが影




プロミンに癒えゆくものの多くなりて友愛の失はれゆくと言ふこゑ




痲痺し果て皮膚こぼれ落つるわが足を面会の妻洗ひてくれぬ



多山良一さんの略歴
多摩全生園。『陸の中の島』(1956年)『輪唱』(昭和34年)


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム