あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  田島康子さん



わが病すでに知る友この街の洋裁店に在りあゆみをかへす




堕ちて来しせまきこの園にああかくもボスありブルあり常に抗争す




病める吾をあはれみて母が送り来し手巻煙草など売りし三百円




療院に果てる命をうとみ居る吾の感傷もいつまでつづくか




病みてより結ばれし父母に生れし吾いま療園に人を恋ひをり




たべものにかかはりて一日くれし夜あじけなく机のほこりをぬぐふ




明日の自活あるを信じて洋裁など習ひき吾の卑小の歴史





療友幾人死にゆきし監房たづね来てマッチすり壁の落書を読む




結核対策費失業対策費などわずかにして再軍備するという祖国を憎む




救ライにつくせしという人らラヂオに語りいて吾ら嘲笑のうちにくるるライ予防デー




退園の日のために金をためるあり目的あらば貧にも耐えん




療園に埋もれし過去ながければむごき言葉にも涙みせざり




病院街の終点に降りてらい園へ曲る道より孤りとなれり




ライ研究所と患者地帯をくぎる溝埋めて咲けり荒地野菊は




除草奉仕に来てのぞき見ぬガラスびんの底に横ざまの小児の背中



田島康子(村井康子)さんの略歴
多摩全生園。社会復帰。『木がくれの実』(昭和28年)『陸の中の島』(1956年)『輪唱』(昭和34年)



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム