FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

芋づるの袋詰め、および単価設定

「芋づる」を初めて出荷した。エンサイとツルムラサキは今日は出荷できるほど大きくなっておらず、芋づるを出すしかなかった。

収穫はそんなに手間ではなかった。

芋づるを収穫して、その場で茎から葉軸をとって収穫容器に入れた。

次が袋詰めである。

最初、エンサイを入れる長物3号という袋に入れたが、葉の先が袋から飛び出すので使えなかった。

その後、茎を半分に切り、ボードン9号袋に入れたが、半分に切るとうまくおさまった。

それを何袋か作ったが、同じ半分に切るのなら、葉と軸の付け根のところで切れば、買ってくれた人が、葉と軸を切り離さなくてすむと思った。

葉と軸の付け根のところで切ると、顧客は一手間省けるが、袋に入れた時の見栄えがよくない。それでもこの方法しかなかった。

頭で考えてもわからないので、袋詰めをしながら試行錯誤するしかなかった。

エンサイは9本前後で90円にしているが、芋の葉軸は15本前後で90円にした。

15本というのも、袋詰めしながら、この数字に収まった。

あまり売れなければ、芋づる出荷は止める。

直売所へ持参してから気付いたのであるが、食べ方の表示(POP)が必要だと感じた。

葉はおひたし。葉軸はキンピラ風の炒め物や、アゲといっしょに煮びたしにする。 

 

20100714_013.jpg 20100714_023.jpg

昨日の続きで今日も、エンサイとツルムラサキの挿し木をした。

用意も何もできていなかったので、タマネギ跡地や、多く植えすぎたハーブの株間などに、挿し木をした。

うまくいくかどうかはわからない。陽がさせば黒い寒冷紗で日除けをする必要があるし、寒冷紗が足らない部分は草をかぶせておく必要がある。

挿し木をするなら、ここ2~3日がぎりぎりの限度である。梅雨明けしてからでは遅すぎるし、明日から3~4日は曇天が続いてくれることが望ましい。ただし、これ以上雨が降っても困る。畝間の水がなかなか引いてくれない。

エンサイもツルムラサキも、それぞれ15単位ほどを毎日出荷しようと思えば、かなり作付をしておく必要があると思った。

青シソは毎日8単位ほどなら、150センチ幅で16メートルほどの畝に2条植えすれば足りる。

ハーブティは3種類を入れる必要があるので、単価を同じ90円に設定するなら、青シソの方がはるかに採算がよい。

なお青シソはエンサイと同じく8~9本の「茎」を1単位にしている。

エンサイも、青シソも、芋の葉軸も、ハーブティ用ハーブも、1単位90円の単価設定にしている。

2030年 農業の旅→
ranking   





    

 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ