あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

医師・看護婦

加賀田一さん「いつの日にか帰らん」P101~P104抜粋


 私が愛生園に入所したとき、定員890名のところ、すでに1250名になってしました。看護職員は規定では400名に対して12名、つまり36人必要ですが、看護婦は20人でした。入所者はさらに増えて1450名になって、看護婦も24人になりましたが、そのうちの2名は召集されて従軍してしまいました。医師は7人いましたが、看護婦の数は圧倒的に不足し、まともな看護ができる状態ではありませんでした。

 ハンセン病は不治の病と言われていましたから、医師や看護婦、職員の中には、信仰心が篤く使命感に燃えた立派な人格者がいました。入園当初の私には、ひどく衰弱し悪臭を放つ患者を抱きかかえて治療する若い看護婦がナイチンゲールのように見えました。

 しかし、僻んだ見方かもしれませんが、結局その医師たちも、「この不治の病を研究してやろう」という若さからくる意欲と功名心で取り組んでいるように見えました。医師の欠員が出ないほどでしたが、戦後、ハンセン病が化学療法で治るようになると、専門医、研究者が目に見えて少なくなったのは、その表れといえるでしょう。

 当時の治療法といえば「大風子油」という、南方で採れる植物性油脂の皮下注射だけでした。これは何百年も前から南アジアでハンセン病治療薬として使用されてきたものですが、他に何もないので、気休めとわかっていながら使われたような「薬」でした。

 時々新聞などに「ライの特効薬新発見」という広告が「〇〇博士」の名前などを付けて出ましたが、その新薬が一年後にも話題になることは決してありませんでした。非常に高価でしたが、買う人がいるから、しばしば掲載されたのでしょう。金持ちの家では屋敷の奥座敷に患者を閉じこめていた時代です。「藁にもすがりたい」患者の願いにつけこんだ詐欺のようなものでした。

 1933(昭和8)年、癩学会において、太田正雄(木下杢太郎として有名)は、光田先生を始めとする主流に対して「癩病は治らぬという確信があるようだ。隔離だけが絶対ではない。薬に対する懐疑論はよくない」と発言しました。太田先生はハンセン病菌の動物接種実験をずっと続け、1940(昭和15)年には、「癩根絶の最上策は化学的治療にある。自分の家で家族の看護を受けて病を養うことが出来ないのは、強力な権威がそれを不可能だと判断するからである」と、断言しています(「映画「小島の春」)。しかし太田先生は医療行政に積極的にタッチすることはなく、戦争末期、動物培養の成功を見ることもなく、プロミンの治療効果についても知らぬまま亡くなりました。

 隔離政策を公然と批判し在宅治療を主張した唯一の医師に、京都大学特別教室の小笠原登先生がいましたが、主流派から「伝染病であることを否定するのか。国策に反する!」と猛烈な反発、攻撃を受けました。アメリカでスルホン剤から精製されたプロミン治療が始まったのは1941(昭和16)年のことでした。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム