FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

シュンギクとレタス類を7月末には播きたい

20100712_017.jpg 20100712_008.jpg 20100712_006.jpg  
   
 
2日に1回は近くのホームセンターの直売所に持っていく。

エンサイ・・・・・・10単位前後(単価90円)
ツルムラサキ・・・8単位前後(単価120円)
青シソ・・・・・・・・・5単位前後(単価90円)

売れ残りは全て引き上げ、新しいのを置く。

とにかく欠かさずに習慣にすることが大切だと思う。

これ以外の野菜は置かずに、この3種類で様子を見る。


エンサイやツルムラサキが硬くなる10月中下旬頃には、シュンギクとレタス類に切り替わるようにしたい。

シュンギクとレタス類は霜に弱く、12月中下旬頃にはホウレンソウと菜っ葉(水菜、雪白体菜、チヂミ菜、ビタミン菜)に切り替わるようにしたい。

ホウレンソウと菜っ葉が終わる頃には、菜花に切り替わるようにしたい。


そのため、シュンギクとレタス類の第1回目は7月末には播きたい。例年より1ヶ月ほど早播きである。工夫しないと発芽しないだろう。

品種もいろいろ播いて比較する必要がある。と言ってもタキイ種苗、サカタのタネ、ナント種苗の3社からしか購入していない。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ