あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スペイン風邪と再婚

加賀田一さん「いつの日にか帰らん」P60~P62抜粋


 私の父親はスペイン風邪で1918(大正7)年に亡くなりました。私は0歳でしたから父の記憶はありません。スペイン風邪はこの年の春から世界中で流行し、翌年には収束したようですが、その間に日本で約40万人、世界中では約2500万人が死亡したといわれています。

 父は農家の三男でしたが、亡くなったのは家を造ったばかりのときでした。23才だった母は新しい家もできたばかりで、幼い私と住む気でいました。しかし内装もまだで、里が近かったため、「所帯道具が揃うまで帰ってきておれ」ということで実家に留まっていました。当時は民法上、戸主権というものがあって長男絶対でしたから、三男の未亡人の分家についてはいろいろと難しかったのだと思います。財産分与もなく、母と私はそのまま里にいることになりました。

 母の実家の跡取りが末の男の子でした。まだ嫁をもらう前に私の母と、叔母にあたる人が「出戻り」となり二人が帰ってきました。だから家になかなか嫁が来ない。ちょいちょい話はあっても、小姑になる姉が二人もいるから崩れるわけです。叔母は母の妹ですが、子供がなかったから間もなく再婚しました。ところが母は私がいますから、簡単にはいきませんし、自分でも独立の意志をもっていました。

 「この子は男の子だから、私はこの家で暮らす」と、母はずいぶん頑張ったようですが、「財産もないし生活の見通しが立たんから再婚してくれ。そうしないと家を継ぐ弟に嫁が来ない。このままでは家がつぶれる。この子は家で育てるから、再婚して出ていってもらいたい」と両親から迫られました。それで母も家のためにどうしても再婚しなければならなかった。当時は今とは違って家のためです。それが母親と離れ離れになった経緯です。

 母の再婚は私が三歳のときでした。再婚先に先妻の子が三人いました。一番上が私より一歳上の男子ですから、まだ幼く、しかも実の子と同じ年頃ですから、母親の心中にはいろいろな思いが湧いたと思います。

 私は父親の籍ですが、育ったのは母親の実家で、祖父と祖母と叔父と暮らしました。母の再婚先は少し遠いということもあり、私は一度も行ったことがありませんでした。私たち母子の関係は別れたままになりました。母はそこで自分の子供、私にとっての異父兄弟を三人生みました。妹二人に弟一人でした。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム