あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

間違ったことを間違っていると言える人

加賀田一さん「いつの日にか帰らん」P20~P23抜粋


 「らい予防法」が廃止された1996(平成8)年に大阪の御堂会館で、関西のFIWC(フレンズ・インターナショナル・ワークキャンプ)が「排除から共生への架け橋」というタイトルでフォーラムを開催しました。鶴見俊輔先生、徳永進先生(当時、鳥取赤十字病院内科部長)、筑紫哲也さんに元患者として森元美代治さんと私がパネリストに呼ばれました(木村聖哉さん司会)。そこで私はなぜこんなに予防法の廃止が遅れたのかという話をしました。そのときにはその後の裁判のことなど夢にも考えられない頃でしたが、その判決でも一番悪いのは厚生省の官僚だということが指摘されていました。

 誤っていることを知っていながら改めようとしませんでした。療養所の所長の会合でも誰も言いませんでした。これが日本のハンセン病の施策を全く間違えさせました。人の苦しみ、病人の苦しみやら家族の苦しみということを知っていながら、そのまま継続させることによって苦しみを増幅させたのです。ただ自分の地位と名誉の保全の為だったと、私は言いました。筑紫さんも「加賀田さんの言われる通りだ」と応援してくれました。

 若い人たちへお話するときの結びの言葉として、私がいつも言うのは、
 「世の中には間違ったことはたくさんあります。21世紀を担うみなさんは間違ったことを間違っていると言える人間になってください。これが人間として一つの生涯を終えるにあたって私が言いたいことです」
 ということです(この言葉は鳥取県のハンセン病啓発用のテープに採録されています)。

 新憲法のもとにおいても、これだけの人権蹂躙を長い間許してきたのは、官僚が恐れるだけの発言力を我々がもたなかったということでもあります。当事者である患者自身の運動が弱かった。周囲の国民に対する啓発普及が弱かった。その根っこには、今にして思うと、やはり我々自身の内に「家族、血族に迷惑をかけてはいけない」という遠慮やひけ目がありました。私たちには「民族浄化」の対象として強制収容されていた心理的抑圧の瘢痕が後遺症として残っている。

 神谷美恵子先生が「入所者の70%は異常です」と私に言われました。”社会的に異常”という意味での発言ですが、それはそういう心理的抑圧のもとに今もいるということなのです。

 それだけ「らい予防法」は国民的規模で成功したともいえます。これは私たちの世代は人権感覚において、今の子供たちとはとても比較できないほど劣っているということをも意味します。姪の娘から「おじさんは間違っている」と言われましたが、私たちの世代が植え付けられた偏見を乗り越えてゆく若い世代の言葉として頼もしく聞いています。

 私は今の子供たちを信頼しています。だから言います。「先生であろうと、お金持ちであろうと、ご両親であろうと、もし彼らが間違ったことを言っているなら、それを質せるような人間になってください。そしてよく話し合って、正しいことを自分で判断してください」と。最後はそこにもっていきます。結局そういう話し合いが隠し事のない率直な親子関係をつくっていくと思っています。それは学校教育の場でも、社会でも同じことであり、あらゆる場へつながってゆくのではないでしょうか。



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム