FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

「スロー人」さんの採蜜

 
 20100711_054.jpg 20100711_058.jpg 20100711_061.jpg
  
 20100711_051.jpg 20100711_052.jpg 20100711_066.jpg

スロー人さんの採蜜を見学させてもらった。

援農してもらっているUさん、巣箱を作ってもらっている木工作家等、総勢5人で行かせてもらった。他にも7人ほど来られていて12人ほどで一部始終を見せてもらった。

採蜜は一人ではできない作業だと思った。

作業自体は1時間ほどで終わった。
 

20100711_013.jpg 

いろんな巣箱を持たれている。画像は丸太に穴をあけた巣箱。


20100711_021.jpg

外から、巣箱の中の様子がわかるように工夫した巣箱。
 

20100711_078.jpg

西洋ミツバチの巣箱で日本ミツバチを飼っている巣箱。


20100711_017.jpg 20100711_015.jpg

左は自宅横に置いている巣箱で、右は山の中に置いている巣箱。全部で15箱ほど設置されていて、そのうち逃去した巣箱もいくつかあった。

 
 
20100711_029.jpg 

木の低い場所に、小さな水平板を3ヶ所ほど設置していた。分蜂はたいていこの分蜂板のどれかに止まるらしい。 


 20100711_080.jpg 20100711_083.jpg

来客のために細かな配慮をされていた。ネットで囲んだテントの下で、採蜜したばかりのハチミツをクラッカーにのせて頂いた。

 
 
 
20100711_036.jpg 20100711_045.jpg

5段重ねの最上段の箱の蓋を釣り糸のようなもので切り取り、次にまた同じやり方で最上段の箱を切り取ると、上から2段目の箱の断面は右の画像のようになっていた。最上段の箱は最初の6枚の画像のような処理を続けた。

スロー人さんは働きながら趣味で日本ミツバチを飼っている。キャリアはすでに6年ほど。わからない点はインターネットで調べながら独力で現在の巣箱を形作った。

手にはゴム手をつけ、頭には面布(ネット)をつけていたが、半袖で一連の作業をされていた。見学者の中には面布をつけていない人もいたが、ミツバチに刺された人はいなかった。

見せてもらってから、こういう作業はあまり得意でないなあと思った。

Uさんは一連の作業の手順がすぐに理解できたようだった。この理解力の差はどうすることもできない。

8月10日頃までに2箱を採蜜しようと思う。

2030年 農業の旅→
ranking   
   
 






このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ