あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

光田園長の「朝鮮人暴動」観


加賀田一さん「いつの日にか帰らん」P121~P122抜粋



 こんな話をして、自分たちの辞任を決めたところに、総婦長(看護婦長)が来て、光田園長の言葉を伝えました。
「朝鮮人が暴れるかもわからんから、辞任せんでくれ」と、光田園長が言っているというのです。園長のほうに松寿寮の動きが早くも伝わったのでしょう。「園内に騒動が起きても困るから」辞任しないでほしい、と言うのです。朝鮮人が暴れるという危惧をもつのは光田園長に偏見があったのだと思います。

 関東大震災のときに、朝鮮人虐殺事件がありました。暴動のデマによって何千人もの朝鮮人が殺されました。私たちもそういうことを聞いていました。朝鮮人は機会があれば噴出する怒りを常に秘めているという偏見を、光田園長はもっていたのでしょう。

 園内の朝鮮人は日本の敗戦を喜んでも、それを行動に表すということはいっさいありませんでした。これが8月15日の話です。

 その日のうちに私たち役員は全員「辞任」することに決めました。「朝鮮人が暴れるかもわからん」と言われ、「それでも辞任します」と答えたのですが、結局園長の「しばらくでいいから残ってくれ」という再三の要請を受け入れざるを得ませんでした。朝鮮人の暴動は起こらないまま、2ヶ月半後の11月に総選挙をして役員を代わりました。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム