あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ミツバチに未来を感じる


2000年以上の昔から、田んぼ周辺の山で、世代交代を繰り返しながら生き続けて来たと思える日本蜜蜂。こんなに簡単に捕獲できて、こんなに簡単に飼えるということを8年前まで知らなかった。

インターネットの普及と共に、知識が共有されるようになり、巣箱や捕獲の方法が標準化され、マニュアル化され、一気に全国に広まったと思う。

9年前、蜂飼いの先人に出会ったこと

巣箱を作ってくれる木工作家の友人がいたこと

初めて設置した年に4群も捕獲できたこと

その後すぐに、5人ほどの蜂飼人に出会えたこと

だから今日を迎えることができている。


ぼくが死んだ後も、永遠にこの周辺(日本蜜蜂は半径2キロほどをエリアとする地域土着の蜜蜂だから)で生き続けていくのだろうと思うと、2000年以上の過去から、500年後、1000年後の未来を感じさせてくれる。

過去から未来へ、現在にたまたま出会った。ほんの少しでも手助けになっているだろうか、未来への橋渡し。

縁あって、住居となる巣箱を提示し、その選択にゆだねている。

蜜蜂が見えている風景、ぼくが見えている風景。住み家は自然の中にいくらでも見つけれるのか。ツバメのように人間の居住空間を好むようだが。

大スズメバチ等の天敵はたいした敵ではない。最大の問題は人間が散布する「農薬」であり、大きな環境異変だろう。


ぼくにできることは、巣箱の見回りくらいだが、これが楽しい。

頭の中で7群の状況をシミュレーションしながら、今日も寝に就く。



2030年 農業の旅→ranking






このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム