あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ヒヨコの到着



IMG_4503_2017051219385910e.jpg
  
IMG_4511_2017051219383281b.jpg IMG_4527_2017051219380984c.jpg IMG_4529_20170512193810a10.jpg

ヒヨコを宅急便の営業所へ取りに行き、4人でわけた。

ぼくはメス20羽、オス1羽を導入した。4年間飼ってまた入れ替える。

卵は6ヶ月経過したら産み始める。野菜の残渣処理が主目的で、卵は副産物。

最初の1週間は水とコゴメだけを与える。

 



IMG_4519_20170512193835394.jpg IMG_4526_20170512193807e30.jpg  

ヒヨコを配った先にはヤギもいた。全部で6頭。ハウスを活用して、その中で放し飼いにしている。

「いらんか」と言われたが、後10年若ければ飼うのに!



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム