FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ひなびたエンサイなどニワトリにやる気もしない

 20100707_011.jpg 20100707_012.jpg  

青シソは、葉ではなく茎を束ねて袋詰めしている。

8本ほどを目分量で入れている。ボードン9号袋。単価90円。


20100707_002.jpg 20100707_008.jpg 20100707_010.jpg

エンサイは収穫しながら「5センチほど」再度切り戻して、黄色のコンテナに入れている。

茎が長いと、茎が曲がってしまう。

とにかく、長物3号という袋からエンサイの先が出るのはよくない。袋詰めの方法を教えてくれたKさんは、太い茎はほとんどないくらい「7~9センチ」切り戻しているようだ。これだけ切り戻せば茎が曲がることはない。

エンサイも目方は量っていない。8~9本を手に持った時の重さの勘で袋詰めしている。葉物をたくさん袋詰めする人はたいていこのようにするようだ。量っても勘でも、慣れればほとんど違わない。

重さを量ろうとしなければ(そちらに注意を取られなければ)、袋詰めの直前に虫の有無など最後のチェックをすることが可能である。



20100707_022.jpg 20100707_020.jpg 20100707_023.jpg 

ツルムラサキはまだ勘ができていない(収穫が始まったばかり)ので、今は量っている。300グラムほどで単価は120円にしている。今はボードン12号を使っているが、収穫最盛期になればボードン11号を使う予定。
  
 

 20100707_028.jpg 

ハーブティ用ハーブは3種類を画像のように並べて、これも少しずつ目分量で取り、8号袋に入れている。

ハーブティは売れないので、止めようかと思っている。収穫袋詰めはスピーディになったが、あまりに売れないのでばかばかしくなっている。

今後、ツルムラサキがたくさん収穫できるようになり、オクラの収穫が始まれば、売れないハーブに時間をまわす余裕はなくなる。


エンサイやツルムラサキは他の野菜ほど売れないが、自分の比較的得意な野菜しか直売所では勝負にならない。他の野菜はワンパック野菜の宅配にまわす。


たった30アールほどの作付なのに、忙しくて、草刈りができない。

電柵の下の草を刈らなければならないのに、遅れ遅れになっている。


ハーブティや青シソやエンサイなどは、売れ残ってもそんなに惜しくはないが、売れ残れば、収穫、袋詰めの時間、袋代、単価のシール代(1枚1円)等、全てが無駄になり、売れ残り処理(持ち帰って内容物は捨て、袋はゴミに出す)の時間までかかる。

ひなびたエンサイなど、ニワトリにやる気もしない。
  
 

20100707_066.jpg 20100707_048.jpg 20100707_056.jpg  

2030年 農業の旅→
ranking    

    
 




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ