あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  中江灯子さん(2)




炎天の棒となりたる義足ぬぐ




蜜柑むくほそぼそと吾が命の火




二千余の納骨まつり島ざくら




犬が来て猫が怒れり春の風




雨の日の妻の無口やちろろ鳴く




星満ちて虫鳴く闇の広さかな




胸に骨壺野はほのぼのと春日射し




妻の骨納めてあした雁渡る




野菊摘む彼方の人の祝ぎごとに



(絶句)
凍蝶や吾が身白無垢にて逝かむ



中江灯子さんの略歴
長島愛生園 大正4年北海道生れ。昭和7年発病。同11年長島愛生園に入園。翌年本田一杉の下で俳句を学び、昭和25年から野見山朱鳥に師事。両脚義足、両手不自由の身になっても挫けず、前後して愛生園に入園し結ばれた盲の妻と支えあい、生命諷詠にひたすら入魂。個人句集『埋火』(昭和38年)や『冬銀河』(昭和49年)『ナナカマド』(昭和52年)はその偽りのない歩みの結晶。合同句集に『真珠』(昭和26年)『群礁』(昭和45年)。昭和51年12月、同い年3月に死別した妻のあとを追うように他界。享年61。絶句は「凍蝶やわが身白無垢にて逝かむ」。




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム