あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

分蜂期は残り1週間



多い少ないはあるものの、探索蜂は連日、待受け箱の内検に来ている。この調子だと明日は入るだろうと思っても、入らない日がずっと続いている。

今日も強風の中、探索蜂が多く来ていた。

しかし、分蜂期は後1週間ほどで終るだろう。

自分としては「やれやれ」という気持ちである。これで普通の日常に戻れる。


ネットからご注文を頂いた皆様方には、お一人しかご要望にお応えできず、誠に申し訳ありませんでした。

分蜂が終ったら、1日1~2回の見回りだけになる。キンリョウヘンは今も咲き続けているが、分蜂が終ったらすぐに花茎は切り、3鉢の株分けもする。


最新バージョンの巣箱は、ミツバチに気に入られなかった。7万円(7セット)の無駄な投資になったが仕方がない。4月末に内径24センチ(旧バージョンのサイズ)の重箱のみ20個を3万円で購入し、一部は既に使い始めた。


分蜂期の4月は、ミツバチの「晴れ舞台」だから、まことににぎやかである。分蜂期が終ると、キンリョウヘンを4月1日に咲かせるための新たなスタートを切る。来春の待受け箱も、上記のように重箱を買って補充したので、すでに用意はできた。


ミツバチに手助けできることは少ないが、
(1)竹の竿などで蜘蛛の巣をよく取ってやる。
(2)怖がらずに、週に1回、底板をひっかき棒で掃除する。
(3)スズメ蜂はペットボトルで捕獲したり、ネズミ捕りで捕獲したり、蝿叩きやラケットで叩き落して側面支援する。
(4)1日に1~2回見回ることによって状況の小さな変化もわかる。
(5)見回りは、日本ミツバチという野生の息吹を感じる、心の休息である。田んぼへ行く楽しみの一つになっている。



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム