あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  東 一歩さん



もてあます無菌になった後遺症




闘病記丘の緑を吸うて来る




返せない恩を一人の子に託し




治ったら帰れと母の声たしか




一眼へファイトが湧いてくる視力




母に会うだけの故郷の土を踏む




盲導樹伸びるを計る白い杖




歯切れよいナースの声に励まされ




白飯の白く見えだす退院日




球根へすべてをかける鉢の土




想い出がつきぬ故郷の茶摘み唄




逢える日を誓う桟橋雨にぬれ



東 一歩さんの略歴
長島愛生園 大阪市生まれ。昭和18年夏、長島愛生園に入所。比較的軽症で所内作業に従事。36年、突然眼を患い右眼摘出手術を受ける。左眼も視力が後退、失明状態となる。37年光明を求めて「七草会」に入会、大森風来子指導のもと句作に励む。「川柳が彼の生活のすべてであるように、川柳以外に何も趣味をもたない、川柳ひとすじに生きてきた』(大森)。東は、49年岡山県「県文学選奨」に入選。50年個人句集『筏』を出版。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム