あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  岡 生門さん(4)



古手紙焼いて墳墓の地と定め





一枚の賀状も来ない故郷をほめ




病む窓へ視力をためす小豆島




秋風へオシメがゆれる官舎地区




妻の座へすわりサンマの焦げた味



岡 生門(一門)さんの略歴
長島愛生園 明治41年山口県生れ。昭和16年召集令状を受け、老母妻子を残して兵曹長として南方出征。昭和18年に若手要員と交代してビルマ奥地より帰国。23年3月40歳で長島愛生園入園。園友とともに弱い視力をかばいながら闘病をつづけ作句に活路を見出す。「川柳七草会」創立の主要メンバー。昭和38年一門改め生門。39年3月故郷から長男面会のため来園、「涙ぐむ自己紹介で子とわかり」。個人句集『句集生門』(昭和43年)『生門第二集』(昭和52年)『続々々生門』(平成6年)合同句集『七草』第一集(昭和30年)『七草』第二集(昭和32年)『断種』七草第三集(昭和38年)


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム