あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  浜口志賀夫さん(4)




水くさいと妻は言えども氏は秘め
(療園で再婚した妻。隔離された療園から出られないとわかると、園内で再婚する人もいた)



月さえも見えぬ瞳に星がとび




泣いて来た島で目出度い配り物




おとろえし視力聖堂の灯にすがり




つながれた手綱のはばで草をはみ




ぼうふらの育つ水にも同じ月




豆電球ほどの生活にある笑い




プロミンの効き目素足で下駄がはけ




盆栽のような指にも爪が伸び




人生とは所詮は一人仕舞風呂




両義足機械のような音で行く




病む胸にまだ青春の血がたぎり




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム