あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  浜口志賀夫さん(3)



指のない女患に継ぎをして貰い




子の便りうつろな胸に灯をともし




代筆のナースも共に泣いてくれ




逃走の思い出

憧れた故郷の風の冷たすぎ




ただ一夜泊めてはくれぬ兄の家




病院がいやなら死ねと父らしく




叱る父慰める母ともに泣き




雑居部屋たたみ二枚が俺の城




鉄瓶に艶を残して妻は逝き




亡き妻の息がこもれる火吹竹




子と対面
伜には見せたくはない顔を撫で




うつしてはならぬ倅に手を曳かれ





2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム