あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  辻村みつ子さん(5)




深い傷埋めつくすまで雪よ降れ




不器用に男電話で愛告げる




鬼灯ホオズキをくれた少年遥かはるか





埋めるものまだあり砂を深く掘る




髪を
く悔いももつれも解けるまで




高圧線鳴る日は痛み裂くばかり




惜しむもの無くて静かな十二月




冬山も母も見えます春菜粥




片言で人形の髪すいてやり




冬だから咲き急ぐなよシクラメン




粥すする音は命か夫病む




杖になります桜見に行きましょう




生きよ生きよ玉菜に肉を包みこむ




深い海それより深い渕をみる




ひびかねば持ち変えてみる母の鈴




ハイビスカス別れの日にも赤く咲き




彼岸花母に逢いたく母は居ず




振り向いたばかりに傷が深くなり



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム