あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

今日ははずれ



昨日の状況から、今日は2群とれるかも知れないと思ったが、はずれだった。

今日は朝から出かける用があり、分蜂時間帯の9時半~2時半の状況はどうだったかわからない。帰って来て4時半頃に田んぼに行ったら、どれにも入っていなかった。

4時半過ぎの時間帯でも、探索蜂はどの待受けにも飛来していたので、明日もまた期待を持たせる状況ではあるが・・・。

分蜂期の1か月間はあえて、どこにも行かずに、ミツバチ中心の生活にして、待受け箱をしばしば見回る。この期間にしか学べないことが多いから。

分蜂期が終ると、あとは毎日の見回り(これが楽しみ)と、7~10日に1度の、最下段の開閉扉を開けてする底板の掃除だけである。

今年はまだ最新バージョンの箱(7つの待受け箱)に1つも入っていない。状況を見ていて、どうも巣門(幅と長さ)が大き過ぎるようだ。だから捕獲した時の3群は全て内径24センチの箱に入れた。

ミツバチから見て「セキュリティ」に問題があるようだ。

探索蜂が頻繁に飛来しているので、分蜂はまだまだ続く。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム