あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

第3弾 捕獲   第4弾 入居


連日の分蜂(第3分蜂)だった。今日は朝のうちは時おり小雨がぱらつくような天気だったが、昼前から好天になった。

いつもの時間帯に分蜂がなかったので、今日はないだろうと思い買物に出かけたが、やはり気になって、昼食をすますとすぐに田んぼへ行った。ちょうどその時、分蜂が始まった。今回は12時45分頃だった。

いつもの木の幹に止まるだろうと思っていたが、今日は近くの待受けのキンリョウヘンに蜂球ができて、箱に入ろうとしない。だから、キンリョウヘンを被っているネット(ミツバチの受粉を防ぐための網)をハサミで切って持ち上げ、箱の中にふるい落とした。しばらく様子を見ていたら、残りの蜂も15分ほどで箱の中に治まったので、女王蜂が取り込めたのだろう。

この第3分蜂は、片道1時間半ほどの予約客が持ち帰られた。


その後、山に上ったら、どうも入居しているような動きをしている巣箱があった。そばに置いているキンリョウヘンを除けてみても、出入りは活発だったので、現場は見ていないが入居を確信した。この第4弾がことのほかうれしかったのは、当方の元巣からではなく、半径2キロ内のどこかで飼われている、もしくは野生の自然巣からの分蜂だから。

この第4弾は明日以降につながっていく・・・。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

絶好調ですね~!当方やっとこさ雄蜂が目に付くようになりました。もう目の前で~す!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム