あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ハミ(マムシ)を仕留めた


定植した苗物の水やりをするために井戸の蓋を開け、つるべで水汲みを始めて、ふと見たら井戸の外周の10センチほどの窪みにハミ(マムシ)がとぐろを巻いている。

まだ4月20日であり、ハミの出る時期としては早いので、ちょっとびっくりした。

ハミは殺しておく必要がある。鍬の一撃で仕留めた。一撃で仕留めないと逃げられる。

数年前にもこの井戸でハミを仕留めた。だから井戸まわりは注意をしている。

ハミと普通のヘビとの違いは、

(1)まず一番に頭が三角かどうか確認する。ハミは頭が三角。

(2)ハミは逃げない。多分、強いという自信からだろう。普通のヘビは、ヘビの方から逃げだす。

(3)ハミはとぐろを巻いていることが大半で、ヘビはとぐろを巻くことは少ない。

(4)ハミは色が土色に近くて目立たず、模様が独特。

(5)ハミは短く、ヘビは長い。

(6)ヘビと違ってハミは、同じ場所にいることが多い。だから、一度見かけた(仕留めた)場所は覚えておき、どういう状況の時に遭遇したかも覚えておく。



2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム