あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

第2弾  捕獲


第1弾の時と同じ時間帯に、同じ場所に蜂球ができた。

前回のように、待受け箱を左手に持ち、ゴム手袋の右手で2~3回払い落とし、すばやくベニヤ板で蓋をして、その木の下に待受け箱を置いた。

女王蜂がうまく取り込めていたら15~20分ほどの間に、取り込めなかった蜂も待受け箱に入って来るが、今回は同じ箇所に再度蜂球ができたので、失敗したかなあと思ったが、待受け箱に入るように促すために、団扇で風を送ったり、塵取りですくって、待受け箱の巣門の前に落したりと、合流を促した。

その後30分ほどすると、大半が待受け箱に入ったので成功を確信した。

夕方6時半頃、すでに活動を始めた働き蜂の大半が巣に戻る頃、山へ持って上がった。


分蜂している群は元巣の1群だけで、これが第2分蜂だった。

元巣のもう1群は越冬はしたが、「死んだ蜂の幼虫」の持ち出しが続き、群を何とかキープできているが、この春の分蜂はありえない。

元巣のもう1群も蜂児持ち出しが止らないが、出入りは活発なので、雄蜂の巣房の蓋が巣門の前に出てくれば分蜂があるかも知れない。巣房の蓋が出てから分蜂までに10日ほどかかるので、今月中に巣房の蓋が出なければ、この春の分蜂はない。



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム