あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  小川一男さん(1)



長島愛生園に入園
骨埋めむ島とは覚悟定め来て涙落ちたりベッドの上に




一夜寝て朝は明けたる療院にふるさとの方角我は聞きにき




盲人らが手探りに履くゴム靴につけたる鈴を悲しみにけり




悲しみは我が身のみなることならず母な嘆きそ耐へて生きむに




焼け火箸に触れて気付かずありし手の年越せど癒えぬ傷となりにき




散薬の包は口に解き服みて指しびれつる身の生きむとす




不自由舎に限りて下さる慰問の品頂く我を悲しと思へ




身の病重りし姿己見ずまなこ失ひ久しからむとす




2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム