あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  宇田川克衛さん



短かかる生命と思へばいつはらず心のままの歌を詠みたき




いより来てさし出す草を喰むとする山羊の息吹きの掌にあたたかし




暮れ近き
かやの大木の根に寄りて悲しき病ひ母に告げにし




ひさしつたふ雨だれの音静かにて明日越え行かむ山川を思ふ




田畑売りて済みし負債の幾つかは吾が病故に借りませしもの




繭売ると母はい行きぬ留守もりて今宵去るべき家に吾が居り





宇田川克衛さんの略歴
長島愛生園。昭和11年から16年頃まで「愛生」に出詠。『楓陰集』(昭和12年)



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム