あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  芝山輝夫さん(2)




癒えて尚つづく療養を想ふ日よ街の書店に辞書を購ふ




現身は無菌となれど代変り吾を迎ふる我が家ならず




自ら位置の定まる雑居部屋義肢に傷つく吾が畳拭く




後遺症しるき吾が手を哀しまず西瓜の種を春土にまく




百合活けし朝の食卓誰よりも盲の友が喜びくれぬ




ひまわりの黄に輝ける此の真昼汗出でぬ身の火照りに苦しむ




遺骸なきがらの運ばれゆきしベッドにはまだ新し義足残れる




死にゆきし人の金もて供物買ふ侘しき慣いの相談を受く




ひさびさに届きし義姉の便りには破談となりし姪のことのみ




義肢に擦れ傷みしズボンたたみをり一日終れば終る哀しみ




2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム