あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  野村徳二さん



林檎の皮剥きつつ吾が手の幸を思ふかくの如くに盲ひしかども




我が杖をやさしくひきて泥濘を避け行かしめし人を思ふも




癒えがたき吾がいたつきの明け暮れをつたなき歌に残さむとおもふ




君と我れ部屋の一隅に肩並めて歌集読みてもらふ夜の更くるまで




眼の見えぬ嘆きは言はずこの日頃歌おもふ我のひとりたのしも




久久に連れられて来し丘の上身近にひびく山鳩の声




秋雨のそぼ降る中を連れられて教育委員の投票しにゆく




うつつには見るすべなけれど仲秋の月照る庭に一人たたずむ




ふるさとの空や何処ぞ人居らぬ山に登りて吾子の名を呼ぶ




いたつきの身は遥かなる妻思ふ煎じ薬の匂ひたつ夜




失ひし視力思はずひたすらに点字をさぐる指先いたはる



野村徳二(徳三)さんの略歴
昭和22年6月11日長島愛生園入園。『潮汐』所属。『青滋』(昭和26年)『小島に生きる』(昭和27年)『あらくさ』(昭和30年)


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム