あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  杉野智代さん



官舎地帯に朝より布団干す人みゆその真向ひに癩病む吾等




偽りの多き世なれど紅の椿は咲きぬ吾が枕辺に




吾が
えやみ知らずに逝きし母なればただそれのみを幸とせむ




遠歩む吾につきくる猫とゐて心素直にありたしと思ふ




二ミリ程の虫がノートの上を這ひペン触るる時小さく跳躍する




忘れられて死にゆく者の一人ぞと思ひし時しきりに郷愁のわく




龍舌菜畑青き丘に君と坐しし時病友の葬列が下の道をゆく




誰も誰も待つ人無きに
故郷くに恋ふる心かなしく吾亦紅われもこうつむ



杉野智代(友世・平田つたえ・蔦江)さんの略歴
昭和15年3月11日長島愛生園入園。40年9月10日転園。『青磁』(昭和26年)『小島に生きる』(昭和27年)



2030年 農業の旅→ranking
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム