あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  黒川 眸さん(1)



ささいなる事にも心いらだてていさかふ我は悲しかりけり




鉄筆の音冴え冴えて図書室のもの静かなる春の宵かな




萌え出でし
クヌギの新芽つばらかに朝日をうけて光りをれるも




じりじりとあぶらの燃ゆる音きこゆ友は昼餉に鰯やきをり




胸ふかくおもてをうづめて否と言ふ妹おしなだめ別れけるかも




吾が病いまだよからぬを知り給ふ師は吾が前に多く語らず




よすがらを虫鳴きあかすこの家に住みて三度の秋迎へけり




永病みにほとほと痩せしそのみ骸拭き清めつつ涙落しぬ




温室に咲きたる草花の日毎わが病む枕べに配られてきつ




夜毎来て眼やめる我に国文の歌よみ聞かす鈴木数吉





2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム