あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

日本ミツバチ販売 ネットの反響



インターネットを見て、メールや電話をくださった方が今日までに18名いる。「観光農園」や「ワンパック宅配」の反応は全くなく、「後継者募集」に関しても今までに3名しか問い合わせは無いので、「日本ミツバチ販売」だけが突出している。

多分、一度は飼育(捕獲)した経験があり、その時の感激が忘れられないのだろう。ぼくもそうだから。

18名のうち県外からが8名で、10名が県内だが、そのうち片道1時間半以内は9名だった。1回の来訪ですまない場合(待受箱の持参や引取り)もあるので、遠方の方はお断りさせて頂いた。

9名のうち、早く問い合わせを頂いた順に何人の需要にお答えできるかわからない。個人の小さな趣味の範囲内でしているので。

今年の現状はあまくなく、全部で5群捕獲できるかなあ・・・と言った状況である。

当地から半径2キロ以内の自然巣からの分蜂群を取り込むか、もしくはどこかで飼われている分蜂群を呼び込めないと、今年は5群以上の捕獲は難しいと思う。


探索蜂はキンリョウヘンに飛来しているが、その動きがまだ弱い。

3月の寒さが尋常ではなかったので、例年より7~10日は遅れるだろうから、第一分蜂が見られるとしたら4月9日~4月12日頃だろう。



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム