あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  鏡 功さん(1)



神経癩には効果うすしと医師は言へどプロミン注射をひたすらに射つ




癩初期の症状なきやと怖るおそるわが弟の写真に見入る




癩斑紋の典型としてのわが写真が試験室の廊下にまだありと聞く




傷痍者の金乞う前を逃れきて癩病む吾らの組織を思ふ




人の死を日誌にしるし自治会の変遷を思ふまた国の歴史の




いつしかに肩よせあひてゐるわれか冬かげろふのゆらげる道に




結節の傷痕をかくす前髪をわが胸に寄せ来し方を言ふ




ひしめける隔離の島に愛ひとつ育てて冬の季節に向ふ




妨害に挫けむとする汝と逢ふなだりの松に冬日さす午後




遠くよりあたたかき評を寄せられぬ脆かりしわが相聞の歌に



2030年 農業の旅→ranking
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム