あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  森岡康行さん(1)




妻とわれ音と匂ひにたよりつつ干鱈ひとつ焼き上げにけり





どちらかが見ゆれば消ゆる憎しみか妻も噛みしむるらしき沈黙






妻のため耳傾けて熱したる鍋に油をしたたらせをり




待ちわびし個室に移りはやばやと盥に妻の背を流しやる




盲夫婦われらが部屋内の往き来にも手を打ちて位置知らせあふなり




匂ふがにしなやかさ持つは何の落葉さぐりひろぐる掌の上




点筆をくくり持ち妻の書きし随筆入選と今日知らさるる




点字書のすくなき時にわれら編む小機関紙が期待されをり




逢ひたしと送りし手紙数知れず母を苦しめき二十二年よ




2030年 農業の旅→ranking






このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム