あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  依田照彦さん(4)



距離置きて常に群衆を見守れる少年なりき万燈の夜も




職員看護になれば別るる不自由者われら今年の柿を分け合ふ




六畳に二名の議決も崩れゆくになほたのむ雑音なき私生活




それぞれの思惑聡く動きゐる人等の中に貧し拙し




些細なることにも利かぬ吾が指よポケットの十円玉をつまみ出して貰ふ




成形の手術に疼く眼を塞ぎ梅雨にしめりし壁伝ひゆく




義肢ふたつ外され並ぶ夜の室に床展べて明日につづく空白




癩園に隔離舎あり狂人舎あり不自由舎あり又更に超不自由舎が建つ




重対軽の患者相剋を憂ふとも吾が拠るは不自由者八百余名の蓮署




飯済めば立ち出づるかな組織をばただ批判するのみの君等をあとに
(深い友情もあったが、激しい対立もあったことが、各文学から見える)




2030年 農業の旅→ranking





このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム