あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  依田照彦さん(3)



真実をさぐる思ひに舌当つる基本点字の金板の冷え




生きざまを変へねばならぬ盲目に伸びたる髯も構ふことなく




盲ひし身の縛らるるごと男手に袴下の紐を結びもらひぬ




盲導柵白く伸びたる坂登る朝の治療に始まる一日




病む者の住みつぐ島に
吾亦紅かかる色にて秋をよそほふ




身のまはり叶はぬことを重ねつつ潜むが如き年の瀬となる




血を呼ばふ声は吾がうちに悶えつつ父祖の血統も吾にて断たる




吾が腿を裂きて採りたる筋膜を医師は無雑作にぶら下げて見す




法だけで倖になるなどと思はねど屈辱的癩予防法は改正すべし




身障度異る四人が眼を手足を補ひ合ひて淡淡と棲む





2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム