あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

寒さで分蜂が遅れている


3月中旬~3月末の寒さで、分蜂が1週間ほど遅れると思う。第1分蜂は4月10日前後か?

4月1日開花目標の「キンリョウヘン」は3月29日に1茎が開花し、その一輪挿しを山の巣箱のそばに置いたが、今日までの5日間に1度も「探索蜂」の訪花を見ていない。ということは、分蜂までまだ1週間は待たなければならないだろう。

その分蜂を待つ「元巣」だが、3群ともに順調に越冬してくれたが、今年も「春先の蜂児持ち出し」が2群で発生し、その中の1群は底板に山になるほど蜂児と働き蜂が死んでいて、致命的となった。辛うじて一部生き残ってくれたと思っていたが、今日、蜂仲間が来て、出入りしているのは黒っぽいのばかり(つまり雄蜂ばかり)だと言う。

となると、残りは2群だが、その中の1群は、すでにここ2週間ほど蜂児の持ち出しが続いている。底板で死んでいる蜂児はたくさんではないが、なかなか止まらないので、これが続くと、分蜂の回数が減るか、あるいは分蜂せずに消滅する危険性も考えられる。

だから今のところ順調なのは1群だけという状況になっている。この群は巣門の前に雄蜂の巣房の蓋が4日ほど前から出始めたので、10日前後に第1分蜂があると思う。


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

毎度です!こちらも3/29より金様出動してます。
探索蜂も四月になって一匹づつ来てましたが、今日は暖かいので3,4匹きてます。因みに元気なのは3群だけになりました。乞御期待!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム