あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  千葉 修さん(2)



「俱会一処」名さへ哀しき厚き書よ癩の苦患を余さずつづる




棄てられし磯にところを得て群れて泡立ち草はいま花の季





麻痺の手にて時計の捩子を巻き終りたたかひし後の息太く吐く






時の流れ時の流れと言ひて酔ふ父を哀しみきわらべごころに






何の罪ぞと病みたるわれに縋り泣く母の白髪を見てゐたりけり






爪を切りつつ幾たびも鋏とり落しどうにもならぬ限界にゐる






根かぎり支へあはねば瞬の間にくづほれゆかむ中の一人ぞ




来し方も生死すらも考へずごろ寝せるごとき石になれぬか




背きたるならね罪負ふ身にあらね終に父祖をも継ぎ得ずなりぬ




朝霧に島島見えぬきのふけふ世界はなべておだやかならず




2030年 農業の旅→ranking






このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム