あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  北田由貴子さん(4)



われに代り綻びを縫ふ夫のため網戸に換へて若葉風を呼ぶ




「悲しき病世に無からしめ」と願ひたる小川正子歌碑に蝉しぐれ降る




堪へて生きむ堪へて生きむになほゆらぐこころ放たむ
あかねの空に




けふは旅より帰りくる夫かはつはつに咲きたる菊を剪りて飾らむ




瀬戸内晴美修行の寺を見て来しと靴を脱ぎつつ夫は先づ言ふ




病むわれのなべてを知ればしばしばも叱り給ひし師をぞ恋ほしむ




生甲斐を歌に託せよとのたまへることば率直にあたためて来ぬ





先生が育てたまひし海人の歌碑に来れば我にも燃ゆるものあり




師の歌を朗詠しつつ涙垂り声にならねばこころに歌ふ




夫とわれ劬りあひてこれの世の死角の如き島に
なが
らふ




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム