あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  大村 堯さん(2)



更くる夜のものみな暗し海鳴りのありのままなる孤島と思へ




意識の中にあきらかに覚めて君もあらむ喉切り三年と言ふその言葉




若き等は若きをみて苦しめり自虐は明日を持たず危ふく




父ありき母ありき癩の身の限りなき記憶を呼びて悔恨来る




病む日日の吾が貧しさにあふれ来て風にきこゆる労働歌あり




新薬プロミンに開く未来も命過ぎて逝きし友等も我等も哀し




現実は厳粛なりき今君は呼吸閉塞の数分に喉開かしむ




一家心中の新聞記事あり癩病みて切迫つまりし過去吾れも持つ




死体硬直の来し君が手は故里に君待つ母のために組みやる



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム