あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  甲斐八郎さん(2)



病得てはじめて読みし宣言にわが残年は定まりにけり




枕頭台に日課のひとつはげまして少しづつ学ぶ共産主義読本




不自由舎の朝餉終えればすがるがに吾はよりゆく机のまえに




いとけなく癩病みしかばひとときの安らぎもなくいます母父




うつつなく居るわが前を紙屑が生き物か何かの如く吹かれていきぬ




十年あまりわが使い来し辞書なれど破れたるラ行とワ行と継張りてあり




集団の意志に副うべく身は持して時折おそうこの孤立感




頑なに己れ独りを守り来しと思える夜半にまなこ冴えつつ




さまざまに利用されぬる過程をば彼の友にみてたえがたかりき




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム