あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  甲斐八郎さん(1)



一ところ汗の出づるをみどり児の肌に触るる如くよろこぶ




侵されていとけなく癩を守り来しその折ふしのかなしき記憶




病もつ子らうち群れて
盂蘭盆うらぼんの夜を踊るらし寂しきその音




ことごとく痺れわたりし現身の夏をおそるる汗出でずなりて




宵宵に寝台の下に撒きくるる消毒液にむせて眠りぬ




患者らは手錠をはめてでも連れて来よといふ園長を憎しみやまず




つながれて獄に死にたる病友が院長絞首刑と壁に残しぬ




みずからを守りてひとり生き来しと思えるときに魯迅をよみぬ



(悼 壱岐耕)
戦争を中にはさみて交わりき相共に歌をよみてはげみき




ためらいて吾が入りゆかざりし領域を今宵思いて動悸して居り




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム