あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  田井吟二楼さん(3)



麻痺深く指曲れるわが左掌暑き真昼は無性に重たし




病まざれば交はることもなかりけむ癒えて去りゆく君もそのひとり




めぐりより離れてひとり坐るなり耳聾ひ吾は保身のごとく




葉書2枚吾より借りてゆきしよりもの言はずなりしこのをみな哀れ




僧となるを厭ひて寺を捨てしかば一生無学にて父は畢りき




子の吾にかけし希ひは何ならむ病みて離りて臨終を知らず




キッスシーンながきを観つつ意識して麻痺せる顔の唇噛めり




降る雨にそら豆の葉が黄に映ゆるまさしくそこに春は来てゐし



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム