あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  田井吟二楼さん(2)



耳疎き吾に最後の職ならむ図書館の椅子に今日より坐る




燕麦の花丘畑に見つつ志摩思ふ病みて去りしより五年目の今日




恣なる空想に吾を居らしめてあらがふものなし夕映の丘





一病を息災として生きよとぞうれしき言葉わが聞くものか






耳疎き吾に聴かさむ初音とぞ屠蘇含むとき鶯啼けり




病む父を忘れよといひ忘るなと言ひて醒めたり子に会える夢




歌作る病友ともらはすでに耳疎き吾と知りゐて労りくるる




灯をつけしたまゆら壁より浮き立ち来吾妻に似たるカレンダーの画像




あけがたの夢よりさめて離れ住む三人子ひそかに吾が呼んでみる




こぼさじとひと箸ごとに口唇押へ咀嚼する吾を妻さへ知らず




2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム