あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  壱岐 耕さん(3)



妻にさへ時に媚びつつものを言ふかかる卑屈も弱くなりてより




癩院にかくれいとなむ二人ゆゑ互にうとしそのうかららに




耳のうしろに麻痺せぬところ少しあり汗つたふ時かすかに感ず




心してつねにありつつ知らぬ間の火傷はかなし痺れたる手に




パラソルを欲しがりて手紙よこしたる義妹は癩園に病む吾等とも知らず





人生とはああこの一語よ崩れゆく肉体もちて何と解くべき






かつて誰とも争ひしことなきわが性を少し物足りなく妻は思ふらし




不自由になりて出歩くことも稀となり年二足もらふ下駄が余れり







インクの栓口もて開けるわがさまを見つめてをりし妻が目にあふ




半濁音にわれは苦しみものをいふ今朝の寒さに唇硬ばりて



2030年 農業の旅→ranking







このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム