あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

長島愛生園  壱岐 耕さん(4)



断れし指ふたたび生えるはずもなく全治といふも悲しき病ひ




傷いえしプロミン治療の例として裸のからだ人に見らるる




世の中に隔てられたる癩院になほ囲ひして監禁室あり




一心に柿の貝殻虫こそげゐき病む身のけがれすすぐ思ひに




唇に今日火傷して気のつけば何時かここにも麻痺及びゐる




病むわれの茶も嫌はずに飲みゆきし人夫らはまた穴堀りはじむ




二時間もたたぬに尿の赤く染まる今度の注射は効くかと思ふ




遅れゐしグラジオラスを植ゑ終り心足りまた臥床にかへる




社会復帰もできる妻ゆゑ病み崩えし吾に連れ添ふを時にあはれに思ふ




毛糸編む手をばとどめて何おもふ祈るがに眼を閉じてゐる妻



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム